TOP » 高崎で一人暮らしをするなら!賃貸物件の選び方 » 高崎での一人暮らしにかかる費用は?節約のポイントも解説

高崎での一人暮らしにかかる費用は?節約のポイントも解説

高崎市内で一人暮らしを始めるには、月々どれくらいの費用を見込んでおけばいいのでしょうか。気になる生活コストについてまとめてみました。

高崎市で一人暮らしをした場合の
費用シミュレーション

まずは、一人暮らしをする場合の各コストの平均をご紹介しましょう。

これだけを合計しても、12万円を超えてしまいます。お金のことを意識していないと、一人暮らしには意外とお金がかかってしまうのですね。

とはいえ、このご時世にこんなにお金を使っていられないのが正直なところ。そこで、生活コストを節約するためのポイントをご紹介したいと思います。

一人暮らしの費用を抑える3つのポイント

一人暮らしにかかるコストを抑えるためには、こんな3つのポイントがあります。

無駄遣いを減らす

素朴なことですが、まずはムダを減らすところから始めてみましょう。例えば、電気やエアコンの消し忘れに気をつけてみたり、水道をこまめに止めるという心がけは大切です。

お風呂の残り湯を洗濯に使う、親しい友人との飲み会なら外食ばかりでなくて自宅で持ち寄って飲む、Yシャツの洗濯をクリーニングに頼らないで自分でしてみる、といったことから始めてみるのもいいでしょう。

また、ガス料金はプロパンガスだとどうしても高額になってしまいがち。都市ガスが利用できる物件を選ぶことも節約のポイントになります。

初期費用を減らす

引越しをするときの初期費用を抑えれば、貯金に余裕ができます。

初期費用は、敷金・礼金・仲介手数料が主なもの。敷金は家賃の1〜3ヶ月分、礼金は家賃の1〜2ヶ月分、仲介手数料もだいたい家賃の1ヶ月分が必要です。それに加えて家賃を前払いしなくてはいけないので、かなりの出費になりますね。

例えば、全て家賃1ヶ月分だったとしても、敷金、礼金、仲介手数料だけで家賃の3倍。これに家賃の前払いや火災保険が加わると大変な額になってしまいます。

節約して一人暮らしを始めるなら、おすすめは仲介手数料や礼金が必要ない、不動産会社の自社管理物件がおすすめです。自社で直接契約をするので、仲介の手間がなく、手数料が発生しないのです。

駅チカにこだわらない

光熱費の節約は日々の心がけが必要ですが、もっと簡単に生活コストを下げる方法があります。それは家賃を下げること。

家賃の安い物件を選ぶ上でおすすめなのは、高崎駅周辺にこだわらないで、他のエリアにも目を向けること。高崎駅から離れると家賃はかなり下がります。住んでみると、高崎駅から離れてもそれほど不便ではないことに気づくと思います。

高崎エリアの中でも、北高崎駅、高崎問屋駅、高崎駅の3駅ではどれがいちばんコスパがいいのでしょうか?このサイトでは、1R物件ではどのエリアがいちばんお得なのか比較してみました。安く一人暮らしするための物件探しの参考にしてみてください!

高崎エリアの
1R賃貸物件比較を見る

高崎エリアの
一人暮らし物件紹介
不動産会社3選

高崎市で住みやすいエリア(北高崎駅・高崎問屋町駅・高崎駅)をピックアップ。平均家賃に合った物件と不動産会社を紹介しています。

       

高崎エリアの
不動産会社
3選はこちら